n-star h-star star

神待ち掲示板ではやり部屋をキープしている男性が狙い目

日常生活の中でやり部屋をキープしている男性なんて最低と女性は思いますしやり部屋をキープしている男性は恋愛対象になりませんよね。
やり部屋とは言葉通りセックスをするためだけに借りている部屋の事です。
わざわざやり部屋を借りるなんてお金が勿体なくない?と思う女性もいるかもしれません。

しかし例えば週に2回ラブホを利用している男性の場合は1回の利用料が8000円前後かかったとしましょう。
そうすれば週に16000円で月にかかるラブホ代は64000円もかかってしまいます。
住んでいる地域にもよりますが64000円もあれば小綺麗なワンルームぐらいから借りる事が可能です。

それにやり部屋を借りれば週に2回どころかお金の事を気にせずに週に何度でも利用する事が出来ますよね。
つまりヤリチンであればラブホを利用するよりもやり部屋を借りた方が安くつくケースも少なくない訳です。
そしてやり部屋をキープしている男性は恋人には絶対選びたくありませんが神待ち掲示板で家出少女が出会うには最適の男性だと言えます。

なぜなら上手くいけばやり部屋にしばらく泊めてもらえるかもしれないからです。

神待ち掲示板を利用したからといって毎日今夜の相手が見つかるかどうか分かりません。

ですがラブホに宿泊する場合は連泊する訳にはいきません。

それに自宅に連れて帰ってしまうと個人情報がバレてしまったり貴重品が盗まれるリスクがあるため男性は警戒し自分がいない時間帯に家出少女を部屋に置きたがりません。
ですがその点やり部屋であれば個人情報がバレるようなモノも貴重品も何も置いていません。
せいぜいセックスをするのに必要なモノとシャワーを浴びるのに必要なモノぐらいしか部屋にはありません。

だからこそやり部屋は神待ち掲示板で出会った家出少女を匿う事が出来るでしょう。
男性にとっても毎回セックスをする相手を探すのは大変ですが家出少女を部屋に匿っておけばやりたい時にいつでもフラっと訪れてやる事が出来ます。
お互いにとってメリットがある関係を築く事が出来ますよね。

ちなみにやり部屋をキープしている男性の特徴はヤリチンである事に加えて所有している鍵の数が多い事。

そしてやり部屋の住所をスラスラと言えない事です。
もちろん週に数回通っているのでやり部屋に行くのに迷う事はありません。

ですがやり部屋の住所には郵便物が届く事もなく書類等でやり部屋の住所を記載する事もないので住所が記憶に残りにくいと言えます。
もし家出少女が連れて行かれた部屋が家財道具が少なく殺風景で生活感がない部屋だった場合その部屋はやり部屋の可能性が高いので避難所としてキープしたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする