n-star h-star star

50代になったら諦めて神待ちしている子と遊ぶのが吉!?

独身のまま50代に突入すると、結婚に関しては絶望的になるでしょう。ダンディなイケメンだったりお金持ちだったりすればチャンスはあるでしょうが、私はフツメンで年収もそこそこですから、女性からするとなんの魅力もないのです…。

自分で書いていて悲しくなりますが、実際にお見合いサイトなどを使っても全然成果が出ないため、結婚は諦めるべきだと判断したのです。

たまに若い子から声がかかることもありますが、そういう子はパパ活希望とかが多くて、会っても意味がありませんでした。

50代で独身だと「パパ活希望の子でも、仲良くしてくれるなら…」と妥協する人もいますが、それはもったいないです。

50代でもまだまだ男として元気なら「パパじゃなくてセフレになりたい!」と考えるでしょうし、そういう欲望を叶える方法はあります。

それは、『神待ちしている女の子』と遊ぶことですね。

神待ち

私もわりと最近知ったのですが、出会い系などでお泊まりを希望する子は家へ泊めるだけでセックスをさせてくれるため、50代であっても若い子と遊ぶチャンスがあります。

この前も神待ちしている20代の女の子(以下A)とセックスができまして、大変いい思いができました。

50代で独身という事実は変えられないかもしれませんが、それでも若い子とセックスできているだけで、孤独感も紛れやすくなるんです。

出会い系でAを見つけた際には「50代のおっさんだけど、大丈夫?」と先に尋ねました。

年齢を誤魔化すほうがもっと会いやすくなるでしょうが、それだと顔を合わせたときに幻滅されやすいため、最初は正直に伝えるほうがいいです。

とはいえ、神待ちしている女の子は泊まれるかどうかが最優先なので、年齢を伝えても嫌がる子は少ないです。

神待ち

Aも「大丈夫です!よろしくお願いします!」とすぐに返事をしてくれて、私も安心して会いに行けました。

Aと合流したらすぐに家へと向かうわけですが、これくらいの年齢差があればまるで親子であり、「もしも結婚していたら、これくらいの娘がいたのかもなぁ」と考えたら、少しだけ感慨深くなりました。

もっとも、相手は他人なわけですから、愛情ではなく性欲しかないんですけどね。

Aくらい若い子だと、やっぱり匂いが最高ですね。

神待ち

若い女の子は匂いに気遣っているせいか、近くで嗅いでいるだけでムラムラしてきて、玄関に入れたらすぐに抱き寄せました。我慢できないほど、若い子というのは魅力的なのです。

セックスも気持ちよかったし、これからも多少は前向きに生きていけそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする