n-star h-star star

神待ち掲示板で見つけた女性は長くセックスしていなかったのか処女じゃないのに痛がっていました

処女とセックスしたことがある男性なら、『初めてするときはまともに終われないのも珍しくない』というのを知っていると思います。男にとって処女というのは大変魅力的ですし、一度は抱いてみたいと思うでしょうが、実際はなかなか大変です。

処女でも全然痛くない人や最初から感じる人もいるのですが、それはごく少数です。実際は『体が引きちぎられるような痛みがお腹の中に生じる』という、想像するだけでこちらも痛々しくなるような苦痛があるのですね。

だから処女を卒業した直後は痛くてろくに動けないことも多く、しばらくはセックスで痛みが続きます。

それを通過すれば徐々に気持ち良くなるみたいで、ときには男性以上に夢中になる人もいるでしょう。こうしたこともあり、処女喪失の思い出は忘れられないようです。

処女は失うと二度と戻ってきませんが、女性の中は長くセックスしないとピッタリ閉じるようになるのか、久々のセックスに痛がる人もそれなりにいます。男性は「処女でもないのに…」と考えるかもしれませんが、女性の体というのは想像以上に複雑なのです。

私が神待ち掲示板で見つけた女性も処女ではありませんでしたが、セックスの際に結構痛がっていたので、最初は慎重に進めざるを得ませんでした。

処女を抱いたのは随分前ですし、こういう反応は久しく見てなかったので、相手には悪いものの初々しくて楽しかったです。

セックスがしたくなったとき、皆さんはどんな方法でスッキリしますか?「彼女がいるから誘っている」という人や「今は彼女もいないからオナニーで我慢する」という人もいるでしょう。私の場合は『神待ち掲示板を使って相手を探す』というのが多かったですね。

神待ち掲示板でも毎回理想的な相手が見つかるとは限りませんので、会えないときはオナニーで済ませることもあります。

ただ、こういう掲示板は案外利用者が多く、毎日覗いているとチャンスもたくさんあるため、オナニーしなくて済むことが多いですね。

そして今回見つけた女性は20代前半の社会人で、見た目もなかなか可愛らしく、性格も丁寧な感じで文句ありません。神待ちをする以上処女ではありませんが、こういう掲示板を使うならそこまで期待はしないでしょう。

しかし先ほども書いたように、挿入するとかなりきついし、相手も「痛いから、ゆっくりお願いします…」と必死に我慢していました。その言葉通り無理には入れず、愛撫を交えてゆっくり動いていたら、なんとか気持ち良くなれたみたいです。

事後に話を聞いたら「実は最後にしたのが高校1年のときで…」と話しており、これだけ間が空けばああなるのか…と納得しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする