n-star h-star star

彼女に相手にされず自分で慰めるのも限界だったから神待ち女性と遊んでしまいました

大学の頃から付き合っている彼女がいるんですが、社会人になるとすれ違いが増えてきたんです。

住んでいる場所はさほど離れていませんが、彼女の仕事が思ったよりも忙しいようで、連絡しても返事がかなり遅れていました。

もやもやしてた時神待ち女性の存在を知りました

家出少女

そして久々に会ってデートできたのは良かったものの、そのときもセックスの相手はしてもらえず、もの足りないまま別れていたのです。

そんな日々が続くと私も我慢できなくなり、自分で慰めることが増えてきました。

彼女がいるのにセックスできず、自分の手で擦って射精する…これはやってみると虚しいものでして、気持ちよさのあとに悲しさが襲ってきます。

セックスではこうした気持ちにはならないため、「やっぱり、オナニーで抜くのはイマイチだなぁ…」とずっと感じていたのです。

もちろんすぐには諦めず、彼女とも連絡を取り合いました。

おかげで別れるといった話にはならないものの、セックスについては全然させてもらえず、私は「もしかして、ほかの男と遊んでいるから相手をしてくれないのか?」なんて疑念も出てきたのです。

それが事実かどうかは分かりませんが、自分で慰めるのも限界だった私は、ついに神待ち女性と遊んでしまいました。

神待ち掲示板

彼女とは会う機会も減っているので、バレる可能性はまったくと言っていいほどなかったから、その点は心配していなかったのです。

彼女とすれ違いが続いてきた結果、私は出会い系を使って慰めてくれる人を探していたのですが…

そこで神待ちしている女性を見つけました。

神待ち少女

「この子、すぐ近くにいるんだな…」と思ったときには、声をかけてしまいました。

本当は話を聞いてくれるだけでもよかったのですが、先ほども書いたようにセックスも随分とできなくて、オナニーするのもちょっと抵抗があったものだから、『泊めさえすればセックスさせてくれる神待ち女性』というのは、あまりにも魅力的だったのです。

家に彼女以外を連れ込むのは久しぶりで、なんだかドキドキしました。

そしてこのドキドキにも「やっぱり、こういうことをしないと男はダメだよな…」なんて思えて、久々に高揚感のある時間を過ごせたのです。

もちろん、セックスも最高に気持ちよかったですよ。

彼女としていなかった分敏感になっていたのか、挿入すると1回目はすぐに出してしまい、ちょっと情けなく感じていたのですが…すぐに復活しまして、相手も褒めてくれてうれしかったです。

今も彼女は相手にしてくれませんが、なんとか続いているので、今後どうなるかは私にも分かりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする