n-star h-star star

初めて神待ち女性を泊めた私は緊張と興奮ゆえに口だけで終わってしまいました…

私はちょっと緊張に弱いところがありまして、初対面の相手と2人きりになったりすれば、大抵は緊張していました。

大人になったら仕事中にプレゼンなどもするようになったので、多少マシになったのですが…

やっぱり、完全には直せないようです。

それを痛感したのは、初めて神待ち女性を泊めたときの話です。

エロ

知らない女性を家に泊めるなんて、あがり症な私には不向きかとも思ったのですが…

当時は仕事もかなり上手くいっていたし、「もう昔の自分とは違うし、大丈夫だろう」と思っていたんですね。

その結果としてすぐに終わってしまい、せっかくのチャンスを棒に振ったような気分です…

気持ちよかったのは事実ですし、相手女性も優しかったので、その点は後悔していません。

しかし、男って緊張してしまうと、早漏になりやすいのかもしれませんね…。

緊張せずにセックスをするなら、恋人を作ってから抱き合うのがいいのかもしれません。

しかし、私の普段の生活はあまり女性に縁がなく、かつて付き合っていた彼女とも別れてしまったので、神待ちしている人を誘わないとチャンスもなかったのです。

それで勇気を出して誘ってみたら、今回相手をしてくれる神待ち女性を泊めることになりました。

家出

近場にいたということもありますが、話してみた感じだとなんだか会話しやすいし、なによりエッチな話題も普通に受け入れてくれて、すんなり遊べそうだと思ったのです。

迎えに行って実際に対面したときも、そのイメージ通りでした。

それにくわえてなかなかの美人であり、早くも少し緊張してしまったのですが…気さくに会話をしてくれて、私は「今日は緊張せずにいけるかも!」と思ったのです。

しかしこの神待ち女性、なかなかのテクニックを持っていました。

フェラ

家にて食事を済ませてからイチャイチャしていると、自分からズボンを脱がしてくれたのです。出てきた私のイチモツをしごいてくれて、そのままフェラチオもしてくれたのですが…

緊張していたこともあり、すぐに口へと出してしまいました。

緊張すると体も敏感になるのか、私としても驚きです。

なお、終わったあともフェラを続けてくれて、また勃起できたのですが…口の中が気持ちよすぎてまた口内射精をしてしまい、この日は口だけで終わってしまいました…。

口に出せるだけでも気持ちよかったのですが、緊張に負けてしまったという敗北感も強いので、次があれば挿入もしたいですね…まあ、同じ神待ち女性とは会えないだろうから、次の女性とするときは頑張りたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする